› G☆jamjam ~毎日ドタバタ~ › 口蹄疫 › 口蹄疫・広がる被害に

2010年06月18日

口蹄疫・広がる被害に


書きたい事は沢山あるのに
時間ばかり 過ぎていきます。

そんな思いから 
今日はちょっと(すごく)長くなりましたが
最後まで読んでもらえると嬉しいです。


              (6/18 宮崎日日新聞)


「国富町」での 口蹄疫発生に伴い、
東国原知事が 
更なる各個人の消毒の徹底を
お願いしています。



国富町と聞き、
先日 タオルボランティアでご一緒した
国富町のお姉さま方を思いました。

「何かお手伝いしたいの」
と いらっしゃった
60~80歳代の主婦4人組。
婦人部で ボランティア活動をされているとの事です。

針に糸を通しながら 
沢山のお話をさせてもらいました。
私と同じ歳の息子さんがいらっしゃる お母さん。
果樹園を営まれてますが、
「今が摘果の時期なんだけど
じっとしていられなくてねぇ・・・」
と。


チクチクと縫いながら、
「これなら 国富に帰っても出来るわね。
町に電話してまずは場所確保!」

と、携帯電話で連絡網を駆使し
沢山のタオルを抱えて帰られました。


その国富町での 発生。
みなさん、落ち込んでらっしゃらないかなぁ・・・。


戦中・戦後を支えてきた 逞しいお姉さま方。
「さぁ、ここが踏ん張り時よ!!」
と 負けずに戦って欲しい・・・。

声は届かずとも そう願っています。


終息したら 家族で
甘~い柿を食べに行きますからね!





友達と
「宮崎ナンバーの車が県外で敬遠されてる」
という話になりました。

「それって、差別よね~!」
と 憤慨する友達に
同調も反論も出来ない
情けない私・・・。


どこの誰かを知っている人たちの近場での集まり、
お友達との会食や 会社の歓・送迎会、
日々の買い物や 習い事・・・
そこまで 自粛! というつもりはありませんが・・・



でも今、他県に出てまでの「行楽」・・・って?



逆の立場であれば 
我が県に危機をもたらすかもしれない物を
快く受け入れられるでしょうか?

車を傷つける行為は 確かに犯罪です。
でも なぜ今、車で県外まで
遊びに行かないといけないのか?



私たちが今、イベントや行楽を自粛しても
死ぬ事はありません。
でも、甘い考えで起こす行動が
さらなる 動物を殺す事になるかもしれない・・・。



「殺処分なんて可哀想」
「集まった収益を 募金したい」


そう思われるのであれば
どうか今は じっとしていてください。
「口蹄疫、撲滅!」を 自慢げに掲げ
不特定多数の人を集めたり
動かしたりしないでください。


国からの大きなお金が動いてる今、
私達に協力できるのは 募金より
「被害を広めない」事ではないでしょうか。


フラフラと遊びに行く手土産に
ウイルスを持っていけば、
心配し募金してくれた全国の皆さんから
「何やってんだ、宮崎は!!」
と、言われる事 必至です。


物流、商業経済の動きは止められません。
もしスーパーやモールが閉鎖されれば
宮崎はパニックです。


子供達の旅行やイベントの中止や延期は
子を持つ親として 私も心が痛い。
でも、一日も早く子供達を 
旅行や試合に送り出したり
堂々と行楽を楽しみたいと思いませんか?


でも、このままでは 夏休み前の終息はおろか、
宮崎の家畜の全滅=終息
という 最悪の事態も免れません・・・。


そうなる前に せめて・・・
せめて 各人の意識の徹底を。


どうか お願いします。




『車から見える川南は、いたるところで穴掘りをしていて、
異様な光景だった。。。

雨の中の作業は、水が穴に入るから大変だろうけど、
ブルドーザーは動いていた。消毒ポイントの人たちも
雨の中がんばっていた。

白い服を着た人たちが、実家の周りや児湯郡のいたるところに
たくさんいるので、私の甥は、ETが地球に来たときの
調査員がたくさんいるあの場面を覚えていて、
「宇宙人がいるみたいだね」と。

こんな光景は、一生に1回見ればいいよ、って感じです。』


「オージー夫と宮崎女のスローライフ In Miyazaki」
様ブログより 一部抜粋・転載



ワクチンを接種し その日を迎えられた
畜産農家の方の 今です。

「どうして今、動いちゃいけないのか?」

どうか 目をそらさずに 読んで。
そして もう一度 考えてください。

ブログの転載にあたり
minkeyさん、リンクをご了承いただき
ありがとうございます。
どうか みなさまが お体を壊しませんように・・・。
ご主人と 不思議な繋がりのある「はやぶさ」、
未来への希望が あのカプセルに入っていますように!





同じカテゴリー(口蹄疫)の記事画像
口蹄疫・一歩ずつ
口蹄疫・消毒用の炭酸ソーダ
口蹄疫・宮崎市で再び
口蹄疫・その日
口蹄疫・消毒用マットの作り方
口蹄疫・消毒用マット作り
同じカテゴリー(口蹄疫)の記事
 口蹄疫・一歩ずつ (2010-07-27 11:00)
 口蹄疫・消毒用の炭酸ソーダ (2010-07-14 11:00)
 口蹄疫・宮崎市で再び (2010-07-05 13:55)
 口蹄疫・その日 (2010-06-15 08:45)
 口蹄疫・消毒用マットの作り方 (2010-06-05 16:39)
 口蹄疫・消毒用マット作り (2010-06-04 23:57)

Posted by あんじぃ* at 10:58│Comments(18)口蹄疫
この記事へのコメント
あんじぃさん、いつも代弁をしてくれるかのようなブログに救われています。
ありがとうございます。
自分も含め、宮崎の県民ひとりひとりが意識をもっと強くして欲しいと思っています。
こんな不自由はきっと今だけ。。。
このまま復興まで何年かかるか分からないような事態だけは絶対避けなきゃ。
早くイベントしてみんなで笑いあいたい。

皆が助け合い、思いやりの精神を今こそ発揮して今より強い宮崎、あったかい宮崎にしていきたいですね♪

早くあんじぃさんの編みっこちゃんも見たいし、私も作らなきゃーー
Posted by ショコラ at 2010年06月18日 12:36
事後報告ですが、私の記事で紹介させてもらいました。
今はとにかく口蹄疫を封じ込める。
それしかないのだと思います。
ワクチンを接種し感染拡大を食い止めようとしたにもかかわらず
都城やその他の地域へ飛び火した・・・。
これ以上感染を拡大させないために必要なことは
今は動かないことしかないのかもしれません。

実際に不自由を強いられる地元の方々は
大変お辛いだろうと思いますが
どうかご協力いただきたい。

そして、笑顔でまた宮崎に行くことが出来る日を
一日でも早く迎えさせてもらいたいです。
Posted by りあん at 2010年06月18日 14:21
僕の周りでも良く話しを聞くんですけど、
宮崎県民の方が危機感ないのかな?
と思うことがあります。

まぁ確かに遠出でもしてパァーッと
息抜きしたい事もあるとは思うんだけど、
出掛けるのは夜が明けてからでも良いんじゃないかと。

あ、「夜が明けて」はりあんさんのパクリですw
Posted by pia masapia masa at 2010年06月18日 15:01
うちはやっと、というのか、殺処分が終了してました。
あぁ~、やっと終わったからどっかいこうか・・・なんて事は1ヶ月後になってもないかもしれません。やっぱり、この菌を移すのが怖いから・・・。口蹄疫にかかった畜産者として、かわいそうだね・・・という言葉をもらうよりも、頼むから近くにこんでくれ・・・と思われるほうが多いのが現状だと思います。でも、ほんとのこと。逆の立場でも、私も口に出して言ってるかもしれません。同じ児湯郡に住む、何にも関係ない住民の方々も、なぜ差別をされるのか?と思われてるとこでしょうが、迷惑をおかけしました・・と住民の皆さんに謝りたいのは山々ですが、もう少し待って欲しいですね、、行動するのに。
Posted by minkeyminkey at 2010年06月18日 15:12
はじめまして。
りあんさん経由で沖縄からです。

隣県の 「宮崎県民 来るな!」 のニュースに、
なんてこったい…(--; と思いましたが、
やはり動かない事が、今できる最善の策なんですね…
“もしも” が起こった時、自分だったら どうするだろう?
アタマの端によく浮かぶようになってきました。

コチラは遠く離れてはいますが、県内のセリの中止などで
少なからず影響はあります。
「入れないようにどうするか、入ったらどうするか。」
緊張が続いてます。

一日も早い収束と、原因(?)究明を待ちたいです。
そして、
元気になった宮崎の 美味しいモノを食べに行きたいです。
Posted by あゆ・たん at 2010年06月18日 15:15
りあんちゃんの所から来ました。
まったく同感です。

こうやって国や県が懸の防疫作業をしていただいて、各地の皆さんから支援いただいて…目には見えないウィルスだからこそ、『県民は努めて動かないこと』がとても大事だと思います。
苦渋の決断をされた畜産農家の方たちのためにも
犠牲になってくれた牛さんや豚さんの為にも…


一日も早い終息を心から祈ります。
Posted by すず at 2010年06月18日 16:54
こんにちは、コメントちよっと控えてたんですけど、また書いちゃいました。

同じ宮崎県の方でも意識が違うっての分かります。
以前、新型インフルエンザが流行りだし、学級閉鎖になった時のニュースで、一応健康な生徒が、臨時休暇だとばかりに遊び歩いてたのを思い出しました。

言葉悪いけど、そんなもんでしょうね。

自分は悪く無い。関係無い。という意識が強いんでしょうから。

実際、泣いているのは畜産農家の方が多いでしょうし、自身に被害が及ばない状態だったらなおの事でしょうね。

逆に被害者の中心である畜産農家を憎んだりする人もいたりするのかな?とも考えてしまいます。

それこそ、国民一丸になって取組まなければいけない、大変な事だと思います。
たとえ一丸になっても、どうしようもない理由で飛び火した時など、宮崎県民のせいにする人が出てくるはずなんですから。

でも、自覚の無い事を認めるのは、とても大変なのは知ってるので誰も攻められないんですけどね。
(自分の場合、新しい眼鏡作りの為に目医者に行ったら、失明してるから明日から入院なんて事言われましたが、両目とも見えるので、何で?????状態でした)

最後に、畜産農家の方の言い方は間違ってると思います。
あんな風景は、一生に一回たりとも見る必要無いんですから。
全部あきらめたみたいな言い方をせず、もう二度と見たくないと、口蹄疫を憎み、奮起してほしいです。

大変な事でしょうけど、今を諦めることなければ、経験してしまった人達だからこその、より良い未来を築けるものだと思います。
Posted by ズッツトン at 2010年06月18日 22:27
今日の宮崎日日新聞の「窓」欄に、

閉館になった図書館に、利用出来ず憤慨している人の事を投書している方が居ました。
「農家の人の問題になんで私たちまで・・・・」と言う言葉を耳にしての憤りを綴られていました。

何が起こっているのか、分かってないんですかね。

じっとしておく事が、自分の出来る事なのでは・・・・。
Posted by 花水木 kazu at 2010年06月18日 22:30
 ☆ ショコラちゃん ☆

温かいコメントありがとう(*^^*)

ショコラちゃんは 現場に近い所にいるから
私達よりもっともっと身近に不安を抱いてるよね。
当たり前に食していた県産の野菜やお肉が
どれだけの人たちを支えていたのか、
改めて考えさせさせられるね。

「あって当たり前」でなく「ないと困る」。
そう思いながら ありがたくいただく気持ちを忘れていたよ。

4月に笑いあってから もう2ヶ月かぁ。
早くみんなで会いたいね。
自分たちの 普通の日を取り戻すためにも
少しずつでも頑張ろうね!
Posted by あんじぃ*あんじぃ* at 2010年06月20日 16:03
 ☆ りあんちゃん ☆

パソコンの調子はどうかな?
遠く離れた土地に住んでいても
リアルタイムで情報を得られるPCは
いまや生活必需品だもんね・・・。
そのお陰で 沢山情報交換できるし。

リンク、ありがとう。
畜産農家のお友達を持つ りあんちゃんの呼びかけがなかったら
私もノコノコと遊びに出かけてたかも。

みんな「いつまで続くか分からない」から不安なんだよね・・・。
でも、全滅してから後悔しても 貴重な財産は
1年・2年じゃ帰ってこない。

「宮崎の畜産を少しでも守りたい!」という意識と
「変わらない毎日を守りたい」という意識の
どちらも 痛いほど分かるだけに辛いよね・・・。

少しだけ、あと少しだけ 我慢して欲しい。
約束はできないけど もう地道にお願いするしかないのかな。
Posted by あんじぃ*あんじぃ* at 2010年06月20日 16:11
 ☆ pia masaさん ☆

お返事が遅くなってすみません(>_<)

メールで「読んだよ~」の連絡をくれる友達が
pia masaさんの

>出掛けるのは夜が明けてからでも良いんじゃないかと。

に まったくそのとおりだと申しておりました。

学校行事やイベントが自粛され
次々に中止や延期になる事に 一番心を痛めているのは
本当は 発生農家の方たちじゃないかと思うんです。
「申し訳ない」って思う事はないのに・・・

現在の不自由さを嘆くのではなく
ちょっとばかり 先を見てもらえればよいのですが。
かくいう私も いつも「今」ばかり悩んでますがね(-公-;)
Posted by あんじぃ* at 2010年06月21日 20:40
 ☆ minkeyさん ☆

お返事が すっかり遅くなってすみません。
今日もスゴイ雨でしたね。
最近の雨は酸性雨なので これって菌の繁殖を
抑えないのかしら? とか
妙に考えたりしています。
(科学、苦手なのでさっぱり・・・(-公-;))
これだけ降るのなら いっそ洗い流してくれればいいのに。

作業等に県外からの応援も多いのに、
あまり知られていないようで 心が痛みます。
殺処分を終えた方々も未だに消毒作業をされているとの事、
全ては これ以上の広がりを抑える為なのでしょうが、
なんとなく人々のなかに 「いなくなったらそれで終わり」
といった空気が流れてしまう事に 
他人ながら少しの怖さを覚えます。

いま、隣県で発生すれば 「がんばる宮崎」のイメージはどうなるのでしょう?
必死に戦っている方々を裏切るような行為を
同じ県民がしてしまう事が悲しくて・・・

・・・ここまできっちり ↑上の記事にしてしまえばよいのでしょうが、
なかなか難しい面があるのも事実。

でも、被害農家の方々が「申し訳ない」と思う必要はないのではないでしょうか。
事実、他県の畜産農家の多くは 「宮崎は頑張ってる」
と 応援くださってます。

相変わらず 長くまとまりのないものになりましたが
よければまた お話してくださいね。
私も 小さな事ですが 私にできる事、探してみますね。
いつか オーストラリアのお話もじっくりお聞きしたいものです・・・。
Posted by あんじぃ* at 2010年06月21日 21:24
 ☆ あゆ・たん さん ☆

はじめまして! コメントありがとうございます。
おお! 沖縄ですか。
先日 「沖縄でも発生か?」のニュースに(誤報でしたが)
肝を冷やした事を 思い出しました。
あの時は すっかりフライングして記事にし、
恥ずかしながら 後ほど 訂正を入れるといった失態をしてしまいました(苦笑)

でも、本当に何事もなく よかったです。

ちょうど沖縄の米軍問題の時期と同じになり
政府(国)に対しての不満から
一人変な親しみを抱いております。
問題はまったく別の事ですが 結局は後手後手の対策、
できない約束・・・これらが 事をより複雑にしてしまったことは
同じではないかと。

まぁ、今更言ったところで 殺されてゆく牛さん豚さんは
救えないのですが・・・。

沖縄はヤギさんも 島に沢山いますよね。
気が気ではないでしょうが これからもできる限りの事は
していこう!と 呼びかけ続けますので 
どうか 応援お願いいたします。
Posted by あんじぃ* at 2010年06月21日 21:42
 ☆ すずさん ☆

コメントありがとうございます。

前々から書きたいことだったのですが
いろんな方の立場を考えると 
なかなかまとまらなかったのですが、
少なからずとも賛同してくださる人がいて 安心しました。

もうそこまで夏休みは来ています。
今よりもっと「遊びに行きたい」気持ちは膨らみますよね。
ただでさえ 楽しい事が中止や延期になってる今、
子供達に泣きつかれては ついつい親も甘くなります。

でも、作業に携わる方からすれば 「夏休みなんてとんでもない」
と、長期化を予想されているようで
本当に先の見えない この戦い・・・。
私個人としては 「夏休みは(暑いし)お家にいてもいいけど、
せめてお正月には帰りたいよね・・・」
の一心で呼びかけてますが どうなる事やら。

でも やらなければ終りませんものね。
「観光・宮崎」「太陽の国・宮崎」の名を 早く取り戻すために
もうすこしだけ みんなで頑張ってみましょう!
Posted by あんじぃ* at 2010年06月21日 21:53
 ☆ ズッツトンさん ☆

いつも温かなコメント、ありがとうございます。

>最後に、畜産農家の方の言い方は間違ってると思います。
>あんな風景は、一生に一回たりとも見る必要無いんですから。
>全部あきらめたみたいな言い方をせず、
>もう二度と見たくないと、口蹄疫を憎み、
>奮起してほしいです。

本当に心から そう思います。
このお言葉に 当事者ではない私まで心が震えました。
せめてココを覗かれている方たちだけでも、
この思いが 伝わってるといいなぁ・・・。

インフルエンザの例えも まったくそのとおり。
予防接種をしたにもかかわらず 
我が息子は被害にあってしまったので、
それどころでは なかったのですがね・・・。
幸い、数日しっかりと隔離していたので 
家族間も 被害拡大はありませんでしたが、
「元気だから」と翌日くらいから連れだしてるママを見ると
「ヤメテよ~!!」って気分でした。。。

話は逸れてしまうのですが、
ちょっと「目」のお話、気になりました。
その後はいかがですか?
どうか お体、大切になさってくださいね。

今日はいつも励ましていただいてるお礼に
少しだけ励まし「返し」してみました(*^^*)
Posted by あんじぃ* at 2010年06月21日 23:57
 ☆ 花水木 kazuさん ☆

コメントありがとうございます!

>「農家の人の問題になんで私たちまで・・・・」
こう言える人たちは 何を食べて生活してるんだろう?
と 不思議に思います。

「自給自足してる」なら なお更 明日は我が身だと心配だろうし、
農業と関係ない食べ物・・・海産物のみ捕食主義者??
(そんなのいない^^;)

目の前にある食べ物が どうやってここまで来たのかは
いまや小学生でさえ わかる事なのに・・・。
しかも その言葉を簡単に口に出してしまう のん気さ。
せめて「大変だよね~、協力しようね~」って
その気もないのに 言ってる人のほうが
まだ可愛げがある気がする・・・(←何気にイヤミ)

マスコミもどうせならもっと分かりやすく
「このまま続けば 食卓はこうなります」
って シュミレーションすればいいのにね・・・。
もう、小学生レベルで教えていかないと
他人任せの人たちの頭には 入っていかないのかもね・・・。
Posted by あんじぃ* at 2010年06月22日 00:09
【メッセージ】欄がなかったので、またコチラに送ります~。

あんじぃ 様

石垣島での口蹄疫疑いは “陰性” でしたが、
似たような別の病気だったんだと思います。
(もう 治ったかなぁ…)

NHKの「クローズアップ現代」 でやってましたが、
口蹄疫はアジア全域で万延しているそうで、
国内が治まったとしても、それで安心 という事ではないようです…
中国・台湾・朝鮮…近隣諸国はほとんど赤に染まってました。
(感染場所を赤くマークしていた)

そうそう、
沖縄のヤギ、おいしいですよ~♡
  :
あ、いえ、ヤギ料理も割と盛んですが、
ヤギミルクやチーズを作っている牧場があるのです。
そこのシェーブルが最高で~ :.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

…話がそれました…

口蹄疫も基地の問題も、国はしっかりとした対策を素早く取って欲しいものですよね!
今の政府は 選挙一色 にしか見えないところが、
“遠い所の問題” でしかないのか とガッカリです。


※ りあん さんの所でも書いたのですが、みやchanブログ と てぃーだブログ、
 “親戚関係” なんで、勝手に親近感持ってます~♪
Posted by あゆ・たん at 2010年06月23日 18:22
 ☆ あゆ・たん さん ☆

お返事、とても遅くなってごめんなさい(>_<)

沖縄には行った事はあるのですが、
ヤギさんは いただかなかったなぁ。
また行く事があれば その時はぜひ
名物を教えてくださいね!(メモメモ)

>今の政府は 選挙一色 にしか見えないところが、

なにか政治的アクションがある度に
「選挙で勝たなければ!」と そちらにつながることが
そもそも可笑しいですよね・・・。
政権が取れなければ したいこともできない、って
そうじゃない気がするんですよね。

清い志を持った 新人議員も 1年もすると
すっかり目の色も濁ってきちゃって。

まぁ、その辺を掘り下げところで
何も変わらないのですが・・・
と、諦めてしまうのも 嫌なのですが・・・(←ジレンマです^^;)

時間がかかった割には 変なお返事でごめんなさい(-公-;)
これからも ”親戚付き合い”よろしくお願いいたします♪
Posted by あんじぃ* at 2010年06月28日 14:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
口蹄疫・広がる被害に
    コメント(18)